シュフウグーの 主婦エッセイ

等身大の 心の旅 ~自己観察 家族観察 いのちの観察~

生活

日々の思いを ただ つらつらと・・・

母のアドバイスが有り難い

皆さま、こんにちは! 書とエッセイと数字の狭間で遊ばれている、シュフウグーのページです。 今月は、このブログを始めたことがきっかけで作るようになった「筆文字作品」を、地元の交流館(言わば、道の駅のようなところ)で展示させていただいています。 …

確定申告準備とか展示期間終了間近とか

筆文字作品の展示期間も1週間を残し、一日一回は展示ギャラリーの様子を確認しつつ、ここ二日ぐらいは自宅で確定申告の準備をしています。 所得税の確定申告の一連の流れを、自分の「白色申告」と夫の「青色申告」二通り、3年程前までは実家の父の分、更に…

数字と書の狭間にいます

1月も、あっという間に下旬を迎えましたが、 皆さま、体調など崩されていませんでしょうか。 私はと言うと、今月は集中的に司会業務をいただいていて、ようやく一旦落ち着きかけたところなのです…が、 確定申告なるものが待っているではありませんか。 自分…

「松の内」明けに合わせ展示入れ替えしました

皆さん、こんにちは。今や筆文字屋「語る筆」となりつつある、シュフウグーです。 お正月にお迎えした歳神様も、一般的に大きく分けて関東寄りで1月7日、関西寄りで1月15日までの滞在期間を経て帰って行かれると言われますよね。 地域によって10日の…

展示の入れ替えに備えて&反応から得る学び

皆さま、こんにちは。 エッセイ練習からすっかり筆文字ブログになってしまった、シュフウグーのページです。 ブログタイトル変えれば?とツッコミが入りそうですが、エッセイをやめた訳ではないので、このまま続行させていただきます。 エッセイが筆文字作品…

作品展初日(準備完了)

皆さま、少し遅めになりましたが、明けましておめでとうございます。 シュフウグーの主婦エッセイのページです… と言いたいところですが、もうすっかり「筆文字作品」のブログに…。 今日はその作品展の初日で、作品等の搬入やレイアウトも母に手伝ってもらい…

年明けの展示会に向けて~作品紹介~

随分久しぶりの投稿になりました。 前回の投稿が23日前…。 ここまでくると「あなた、誰だっけ…?」ですね。 読者登録をいただいている皆さま、シュフウグーは筆文字作品の展示会準備を黙々と続けております。続けていたらそのまま年が明けそうで、存在すら…

「棚2号」&ミニ色紙5品

筆文字作品を道の駅に置かせていただいていますが、自作で持ち込んだ棚も手狭になってきていました。 事故の影響で戻らない握力をいじめない程度で、DIY…。 思い出したように工具セットを引っ張り出し、自作の棚(第2弾)を今日また、持ち込みました。 右が…

季節に乗る…12月のハガキ

いよいよ気持ちも年末らしく、なんとなくソワソワします。 この頃は整体にも通い始め、整形外科で処方されている薬を飲まなくても良いぐらいに直していきましょうね…と言っていただき、日課のウォーキングのアドバイスもいただきながら、心も体も真っ直ぐに…

11月末日の作品

今週は、整体と整形外科の通院続きにより、いつもより作品づくりにあてる時間が少なかったんです。 だから今日は、とてもお天気が良かったのですが、集中して作品作りをすると決めていました。 展示会用ではなく、お店に置く商品の追加分。 明日から12月な…

展示作品準備の途中経過(その2)

展示会の日程が決まり、いよいよ具体的になってきました。 年明け1月5日(地元の道の駅の営業始めの日)~1月31日 申請書を渡されたので、一週間ぐらいの感覚で記入して提出したら、上記の日程に直されました(^^; 要は、2020年1月中は、まるまる展示…

森羅万象

宇宙に存在する一切のこと。 つながりとして意識している言葉は… (この世で起こること)今ある自分を受け入れる。 「森羅万象」 手当たり次第の落書きのような色使い、線。 茶色の幹も、空色の風も、冬の稲妻も、宇宙の渦あるいは自分自身の心の渦も…アート…

展示作品準備の途中経過

「毎日更新」のリズムを置き去りにすると、自分自身が置き去りになった気持ちになり、いざ更新しましょう…と思っても後回しになるという状況が生まれます。あくまでも私の場合ですが… どんどん更新の間隔が開き、やがて消えていく…というのが、おおかたのパ…

タオルハンカチはマイクの枕のはずが…

久々に筆ペンを持たない日を過ごしました。 地元のホールで青少年育成関連の催しがあり、その会の進行の仕事日。 「市」全体の開催のものと「町」単位ごとでの開催のものがあり、今回は市全体の会。 この関連の催しは、小中学生を中心とした数名の意見発表や…

後ろにある手書きの地図が見たいよね

明日(日曜日)は、道の駅に行く途中にある、地元のホールで進行の仕事です。 主催者の方が準備に入っていると言うことで、今日は前日の下見がてらホールに寄ってから、道の駅に商品を持っていきました。 ポチ袋のネズミさん。 前回は「おとしだま」でしたが…

人前の仕事も書くことも表現力と隣り合わせ

ただいま、年明けの展示会に向け黙々と、着々と、準備を進めております。 通常の筆文字デザインを書き込んだ封筒類や色紙など、いわゆる商品も作りながらで、案外進まない… そんな中、療養中ということもあり、今年はめっきり減った進行のお仕事ですが、ある…

作品の初売り上げ

不定期更新お知らせ後、久々の記事です。 思いがけず展示会依頼をいただいたことで、ただいま着々と準備が進んでおります。 関係記事はこちら↓です。 www.shuhuugoo.com この頃は道の駅で作品販売をさせていただいています。 ポチ袋や色紙、メッセージカード…

キャッシュレス…ですよね

筆ペンで楽しんでいることが伝わり 道の駅にお嫁入りした作品たち 楽しむことと無理のないリハビリのはずが 「商品をつくる」作業に急展開すると なんだかのびのびと筆が運べない 取り敢えず揃えた真っ白のポチ袋 メッセージカード それにミニ色紙 心の準備…

JR西日本「芸備線」全線運行再開

こころの乱れあり 嬉しくて字が散漫… 昨年の7月豪雨で流された鉄道の橋を見て、正直「芸備線、終わった…」とその時は思いました。川のまちでもある広島の「三篠川」は結構な川幅も有り、濁流にゴッソリ持って行かれちゃいましたからね。 県内各所、次々に復…

楽しいこと♪3つ

今回は朝PCに向き合っている時間が無いので、戻ってきてから夜中の更新にしようかと思っていたのですが… ワクワクすることが3つあり、載せます!! ←何の宣言なのでしょう(^_^;) ちなみに筆ペンのカートリッジが届くまで、今回は以前書いて載せた一文字を…

排水口の音が変わりました

台風19号、とても心配ですね。 エッセイはお休みの日 こんな時間ですが、2記事目です。 午前中、最近詰まり気味だった水回りの手入れをしました。 といっても、放置して一気に流す 簡単です。 「ピーピースルーF」 念のための二日目の使用です(^_^;) 先…

予想的中~排水溝詰まり&伊予灘震度3

トイレ詰まりです。 昨日の予想通り今日もお約束のシュポシュポで闘いました! わたくし 昨日の記事からしきりにシュポシュポ言ってますけど ↓↓↓ www.shuhuugoo.com 「通水カップ」と言うんですね。 しかも 他の呼び方はスポイト、スッポン、ガッポン、ギュッ…

スリリングな家

本当はこんな話じゃなく いつものように心を見つめていたんです。 昨日 夕飯用に白ネギの頭の部分を小口切りにして 我が家の通称「ネギ焼き」を一品に加えようと考えていたので30㎝大のボール一杯のそれを必死に刻んでいました。 母から携帯電話が入り日課…

義母のアル中&認知症(続編)

土に触れることで心に光が差すよう向けてくれたのは母だった 兄の事業立ち上げのタイミングと同時期だったため 日中籠もっていらぬことを考えなくてもいいぐらい農作業でクタクタになってみれば気持ちも軽くなるんじゃないかとの一石二鳥の案で 教室のない日…

義母のアル中&認知症

義母は認知症を患っている 後から辿るに 私が息子を連れて嫁いだときには既に発症していたのだろう 嫁ぐ際 夫にしっかり確認しないままそうなるものとして同居となったのは12年前の話だが まず価値観や生活環境のギャップの大きさに硬いバリアを張った 嫁…

「神楽&豊作」イベントでした

久々の屋外イベント終了 例年ほどではないけど 二日連続で動き回った(^^) 今日は… カラダOFF 思考ON の日です 奥に見えるのは神楽ボード アップします 大蛇(おろち)に囲まれ 鬼女になりきって 枠の中に顔を当てます 「顔出しんさい!」って 書いてある(^_^…

天気予報 どれにしようかな

今日・明日開催イベントの 進行のお仕事に いざ!出陣!!! 天気予報… 「曇りで…にわか雨が降る所もあるでしょう…」 はいはい 山沿いですから 結構降るでしょう… …野外の時は 究極に困る(^_^;) そして 臨機応変を試される進行のパターン プラス 併設の神楽…

スライリー もう一踏ん張り!!

ボロボロになった たくさん 絞られた 今年もよく頑張った しかしキミは 本当にのびのびしている 見ていて気持ちが良い いつもお疲れ様 もう一踏ん張りだ! ********** 今日はOFF…換気の日です。 猪突猛進型だということは自覚しておりますので こ…

息子よ進め 母のエールだ!

息子が仕事を頑張っている 素直に嬉しい 幼い頃は無邪気に公園で遊ぶタイプの子どもではなく 私の後ろに隠れて握った手を一時たりとも離さないシャイを丸めて固めたような男の子だった デパートやお祭りの迷子のお知らせアナウンスなど無縁だった 幼稚園の参…

親愛なる臓器 ~別れと変化と学び~

カラダのどの部分がほんのちょっと傷ついても欠けても 今まであった姿ではなくなった途端に生活のあらゆるリズムが乱れる それを立て直そうと前を向いて歩き始めると 今までとは違った生活がプラスアルファでついてくるから この頃は得をしたような気持ちに…