シュフウグーの 主婦エッセイ

等身大の 心の旅 ~自己観察 家族観察 いのちの観察~

脳と心を書き写す

作品の独自性~壁~

過去記事を貼り付けるべくこれまでの記事を辿りました。 (なんとも恥ずかしい) 今回ご紹介する作品は、こちらの記事がベースになっています。 ↓↓↓ www.shuhuugoo.com 今は展示会に向け、作品づくりに精進しておりますが、展示予定のスペースに通うたびに情…

森羅万象

宇宙に存在する一切のこと。 つながりとして意識している言葉は… (この世で起こること)今ある自分を受け入れる。 「森羅万象」 手当たり次第の落書きのような色使い、線。 茶色の幹も、空色の風も、冬の稲妻も、宇宙の渦あるいは自分自身の心の渦も…アート…

やるなら全力で!コンセプトって何・・・

急展開の展示会開催依頼に、心が渦巻いている。 渦巻いているだけではそのうち泡となって、核の部分に吸い込まれて消えるだろうから、ひとつずつ筆に尋ねていくことにした。 まず、展示会に向けての心構えみたいなものを調べるところで、ネットが役立つ。 記…

展示会?リハビリですけど

昨日の記事を更新後、先日いただいた案を作品にしてみた。 まずは半紙に、色紙と同じ大きさを取り書いてみる。 計画的な空間の取り方がつまらなく仕上がることを、誰よりも私が知っているつもりなので、気持ちを半紙にそのままのせる。 在庫の色紙が2枚なの…

からだの歪みが隠せない「書」

ある知人から、随分長い間お借りしている一冊がある。 「歌仙絵 百人一首(かせんえ ひゃくにんいっしゅ)」 著者は 表紙を開いた左側にある↓ かなり日焼けしてしまっていて心が痛むが、当時「市販されていないから…」と大切に扱うように釘を刺されていたの…

動いてみる

数日前に載せた記事に・・・ 読者様からこんなのはどうかな?と複数の案をいただきました。 ここで大切なのは、取り敢えずやってみることだと思います。 (ゆきうさぎさま、いつもアドバイスなどありがとうございます) 皆様からのご意見等もお寄せいただく…

カメムシと話せますか

カメムシに話しかけた。 洗濯物に隠れてついて入ってくるのが嫌で、過ごしやすい季節に入ると部屋干しをするのに、そっちのアンテナが錆びていたようだ。 カメムシにとっては、格好の居場所になるような気温でもあったのか、完全に乾かなかったすべてを取り…

今朝鍋を飛ばしました

誰かと諍いが起きたわけではなく 何かにカッときたわけでもなくて 今朝も変わらず息子の出勤時間に合わせ お弁当を詰めていた最後の一品 ジャガイモの拍子切りをレンジでチンし 小鍋に戻して塩こしょうとケチャップで炒めた シンプルな一品 赤の彩りと腹持ち…

責任とプライドの価値なのだろう

しばしば言われす。 「自分を安売りしちゃダメだ」 決まってそのシーンは 人前に立つときで ギャランティーの話です。 どこかの事務所に入っていたり マネージャーをつけているのなら 今回の記事はないわけで… 個人で仕事の依頼を受けるとき 「おいくらで…?…

アートブラッシュ表現『地球』

前回と同様の「you and Me」 この配置は気に入っていて でも 今ひとつ しっくりこない… 今回は 色の配置で「地球」を表現しました。 あなたと私は お互いパッションを持っていて 向き合うときは肌を感じて あなたから私へ 私からあなたへ 繋がってい…

自立と「You&Me」

人に「伝える」仕事をしていたら そこで得るものがたくさんあって 昨日は障害がある人の「自立」の話 障害がある人が話したんじゃなくて その人達が… なかまが… 「いきる」場所を起こした 地元の施設の理事長の話 自立を促すお話だけど 「自立」って… 自分で…

語る筆?「かたるふで」

今回も、6日前に書いて載せたものを使います。 筆で自由に文字を書いて、無理のないリハビリをしようと思っていたのですが、思いのほか望むものが膨らみました。 どうやら、上にもある「文字を書く」だけではおさまらなさそうで、色の筆を待ちながら、何か…

カートリッジの中身は欲かも知れない

前回の記事で 筆ペンを調達しようとしたことに触れた ↓↓↓ www.shuhuugoo.com 筆ペンは色々な種類があるが 気に入って長年使っているものは墨が入っているカートリッジを付け替えるタイプ 無論 弘法ではないので「筆は選ぶ」 毛質タイプの毛先に出会ったとき…

筆文字と書の狭間…

筆ペンを調達しようとネットを巡ると「筆文字」とやらの画像などで溢れていることに驚く 随分前に文具量販店でよくみた色紙やポストカードなどのデザインが 祝儀袋や表札の域まで浸透している 「商品」であり作るものとして捉えていなかったものでも 今はビ…

「嫌と言うほどいる」言葉のハードル

リハビリと称し 角がめくれてくたびれた半紙をしゃっと伸ばし腰を立てる すぅっと浮かんでくる文字を 筆に溜まった墨に任せ流してみると 動きを遮る迷いのような何かが顔を出す それが何かが分からなくて 切りの良い一文字のできあがりまでを運び 一度呼吸を…

メッセージ あなたへ

静かに向き合う時間があるから いま あなたに伝えることができる 進んでください 前へ 近くに居る 知らない人も その先で途方に暮れている人も 大切な人も 皆で肩を寄せ合い 心を寄せ合い 我先にと欲を張らず 我先にと優しさを差しのべて 我先にと寝床を作ら…

いまさら

各地で気を配る人がいる 目を配る人がいる 心を配る人がいる 行き渡るように 懸命な活動がなされている 行き渡るように 細部まで染み込み 吹き込み 分け隔てなくさらっていくのは皮肉にも水であり風だ 改めて自然の中に共存させてもらっていることを痛感する…

筆ペンでリハビリ

皆様のご無事を願いながら… 甥っ子の安否も気になり 実家に連絡をしました。 「関東大変そうだけど、〇〇(甥)は大丈夫そう?」 「あれは大阪よ。銀行に就職して、研修中よ」 と母。 寝耳に水…そんな状態で今朝を迎えました。 それとなく、起きてきた息子に…