シュフウグーの 主婦エッセイ

等身大の 心の旅 ~自己観察 家族観察 いのちの観察~

ミックスジュース 腐敗or発酵? その終決

 

 

ミックスジュース・・・ 

昨日の続きは 膨張から始まる

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190908222629j:plain

 

目指すイメージは 天然酵母

 

発酵 熟成 はたまた 腐敗か

 

 

専門家の目に触れれば

 

言うなれば

「もはやアウト」だ

 

それは 確かだ

 

 

消毒もせずに注がれた

そのグラスの 付着物は

 

目視で 確認できないだけの

雑菌フィーバーか

 

 

その膨張の正体が

何菌のご機嫌さんなのか

あるいは 膨れっ面か

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190908222825j:plain

 

余計な茶々を入れるから

 

そのスクレーパーからも

菌の応援を 送り込んだに違いない

 

 

部分潔癖の私が

 

よくもまあ このようなモノを

眺めていることだ

 

 

酵母であれ と

わずかな期待を寄せ

 

見よう見まねの 無知が浮き立つ

 

ブクブクと

表面に押し出されては

弾けるのだ

 

 

それを よそ目に

 

頭の中では

既に パン生地ができている

 

不器用な右手が 粉を追い

冷蔵庫を 開けたとき

 

強力粉が 未開封であることを

思い出してしまった 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190909105341j:plain

 

 

開封済みは 薄力粉

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190909105601j:plain

 

 

邪念が 片栗粉にも 飛び火する

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190909105913j:plain

 

常温放置で避けたいのは

むしろ「コナダニ」の存在

 

想像しただけで 痒くなる

 

粉類の冷蔵保存は 必須だ

 

 

早めに使ってしまいたい と

心が急いた

 

 

開封済みの粉類も

ミックスでよいか と

 

混ぜた

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190909110247j:plain

 

ここで

天然酵母の期待も

サックリと切った

 

粉類も ジュースらしきものも

 

すべてを投入し 混ぜたのだ

 

 

菌の世界には

易々 介入すべきではない

 

知ったかぶりは 危険すぎる

 

有用菌との会話など

恐れ多いことだと 調べて萎える

 

 

ならば 熟成?

 

可能性は

「最も低い」

に 等しい・・・

 

 

気まぐれ 気晴らし リハビリと

ストレス解消レベルでは

 

「腐敗菌」地獄への

ご招待が せいぜいだ

 

 

ゴールは トイレ辺りだろう

 

 

ところで

脳内は今 錯乱状態だ

 

馴染みの 18㎝小鍋

その表面は ご覧の通り

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190909112046j:plain

 

生地をかくまう 心の表裏が 

 

抹茶キャラメルに

甘さを加える

 

抹茶キャラメル・・・

 

 

抹茶・・・

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190903211425j:plain

 

 

キャラメル・・・

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190903215110j:plain

 

抹茶キャラメルだ

 

 

一次発酵の その様で

結末は 予測ができた

 

念のため

ワンピースに問うてみる

パンではなかった

 

 

更に

ワンピースを問い詰める

ケーキとも言えないのかと

 

 

ならば 息子の出番だが

無言で 頬張り

しばらく 黙った

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190909100303j:plain

 

美味しいときは

「ウマっ!」と飛び出す

 

失敗作には

「マズい」とは言わない

 

「母さん… もういいかも…」

 

ラップでくるんだ 心の内が

彼の優しさを 熟成させる

 

 

その心が

腐敗でないことを願い

 

そっと ひとり

 

もうワンピース 口にする

 

 

味ではないのだ

なぜなら

完成品2種で かくまったから

 

・・・

 

けっちゃけちゃに 硬いのだ

 

最後の悪あがきに

奇跡を 信じる

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190909132433j:plain

 

カリっ もちっ を

懸命に 追い掛けた

 

レンジで2分

 

根拠のない行程で

 

とうに

居なくなったであろう

いずれの菌にも

完全に見放された

 

 

自己流止まりは

腐敗に等しい

 

残った二切れが

全身で叫ぶ

 

熟成せよ

もっと 丁寧に

一から学べと

 

・・・

 

一皿に また師が見えた

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190908153213j:plain