シュフウグーの 主婦エッセイ

等身大の 心の旅 ~自己観察 家族観察 いのちの観察~

「鉄道代行バス」「路線バス」違いに気づき・感動 そして感謝

昨日は バスに乗って50分ほど北上

しました。

 

本日の記事は ザッとこれです↓↓↓

長いですm(_ _)m

 

 

 

何しに北上した?

 

それは 

ハーバリウムボールペンの作成(?)…

内容は また後日m(_ _)m

 (こちらなんですけどね↓↓↓)

f:id:yappa71shufuugoo:20190912103057j:plain

 

数日前 保険のお世話をしてくださる方に

誘われ 交通費も昼食代も見ていただける

ということで…

 

実質「無料」で 指のリハビリ&気分転換

それと バス停までのウォーキング

 

マイナス点が見つからないなと思い

遊びに行く感覚で事務所にお邪魔しました

 

 

ひとりバス旅にハマっています

私は何をするにも「ひとり」が好きです

歩き&バス移動も予想以上に楽しいです

 

隣町まで行く時は「路線バス」を利用

数時間に一本来るか来ないか

その時間に合わせ行動するのですが

 

歩きの生活を始めると 近くにバスが

通っている事が とても有り難くて❤

 

バス会社さん 運転手さん!

いつもありがとうございます!

 

ただ 「歩き」デビュー3週間

郊外バスルートを完全に把握していません

 

「鉄道代行バス」ってバスでしょ

特に昨日は 目的地の方向もずいぶん違い

初の「鉄道代行バス」

 

昨年の「平成30年7月豪雨」による

橋梁落下で 在住エリアは県内唯一JRが

今も全線復旧していなくて 列車の代わり

その名の通り「鉄道代行バス」です

 

「時間指定の区間運行」のような形で

部分的に復旧運行しているようなのですが

 

致命傷は 鉄橋がごっそり川に流された事

 

あの光景を目の当たりにした多数の人が

「これ 終わりだな…」と思ったであろう

とある区間 来月下旬の全線復旧に向け

工事関係の皆さんが日々汗し 頑張って

くださっています

 

「廃線…廃線…」と もう 何十年も

ささやかれる割には

通勤通学他諸々 意外に(失礼)利用者が

多く 列車も この「鉄道代行バス」も

無いと断然困るのです

 

ありゃ!? 勝手が色々違う!

JRの「列車」は時々利用していた事もあり

乗り方や乗車運賃 停車駅など

様子が分かるのですが…

(高校通学時は毎日お世話になりました)

雪には強いが雨に弱い…など

要らぬ情報も網羅?しているのですが…

 

代行といったって バスでしょ

普通にバス停に止まってくれるでしょ…

 

くらいの軽い気持ちで 

取り敢えず 最寄りの駅のバス停まで歩き

時刻表をチェック

目的地近くに行けることを確認し

20分程時間があったから ぼへーっと

目の前の時刻表全体を見渡していたところ

 

バスなのに「切符」?

「切符は駅窓口で購入してください」

が 目に飛び込みまして… 

…なぬ!?

 

パスピーとか そういう類の

キャッシュレスにも疎いのですが

バスを降りる時 小銭を運賃箱に入れる気
満々でした

もう完全に路線バスの感覚ですから

 

小銭準備OK!の余裕のノリで待っていて

急に汗汗!!!

 

ロータリーの向こうの2階にある駅構内

まで 階段を駆け上がり 窓口で

「〇〇まで大人一枚お願いします」

 

まぁ 代行なだけで JRですもんね

乗車券じゃなくて モロ 切符ですし

そりゃそうだよな… と納得しながら

 

元のバス停の位置に戻る頃には ちらほら

他の乗客も4~5人集まってきました

 

で 約45分揺られながら つぎつぎ

路線バスとの違いに 驚いては納得…

 

バス停…だけど「駅名」? 

 

まず 冷静に考えれば分かることですが

全部のバス停に止まるわけではなく

基本は 駅に寄ります JRですから…

 

でも 線路と道路が必ずしも平行で

走っているわけではないので

場所によっては「駅は本来どこ?」と

探してしまうようなバス停に停車します

「〇〇駅 〇〇駅です」と

運転手さんがアナウンスしながら…

 

そのたびに

え?バス停…違う名前が書いてあるけど

どういうこと?…と

窓から外をキョロキョロ見ます

周りの人は 平然としています

 

…あ そうか JRなんだよね 代行

あくまでも「代行」だ… と また

動きが落ち着きます めんどくさ^^;

 

誰も居ないけど 止まるんだ?

必ず停車してドアも開きます

誰も乗らなくても 誰も降りなくても

「必ず」です

 

確かに… 列車も 誰も居ないからって

駅を素通りされたら 悲しくなります

というか 普通ありえませんね

 

路線バスの場合は 誰もバス停に居なくて

降りる人も居なさそうだったら

なんとなく徐行しながら(笑)通過 ですよね

 

 

たま~に 乗りたいのに通過されることが

ありました(学生時代の話)

 

乗りたいアピールしていても ありました

 

一歩進んだ身体 これ どうする…

挙げた手 うゎっ…どうする…

 

恥ずかしくてやり場に困りました

  あぁ 懐かしい…

 

他の人がそんな目に遭った時も

妙に共感そして同情でもそれまで…

 

諦めず 走ってバスを追い掛けてくる

そんな人も たまに見かけました

傍観者でした ゴメンナサイ

 

そんな感じで この辺の路線バスは

必ずしもは 止まりません

 

(ちょっと脱線…いや超脱線!)

今なら運転手さんにすぐ言えます!

「乗るかたいらっしゃいますよ」って

あ~おばちゃんだわー 全然恥ずかしくない

 

今 バス乗るとき 「お願いしまーす」って

いいながら乗りますし(見られますけど)

別に悪いことしてないし 何か?モードで…

 

何なら バス停だか 駅名だか 全部自分が

ゆうたるわ!ぐらいで(マイク持ちですから)

 

すっごい脱線しましたけど

(この記事ではシャレにならん^^;)

 

で 今回 一番驚いたことがありました

これが記事にしようと思った理由です…ぐらい

 驚きました

 

「つぎ降ります」押さないの?

まあ 前述のつながりで考えれば すべて納得

なんですが 飲み込みが悪い…

降りるまで時間がかかりまして 本当に…

 

路線バスは 各座席のどこからでも

手が届く位置に「降車ブザー」とでも言うのか

「ピンポーン」か「ビー」か「ブー」か

分かりませんが「次 止まって降ろしてね」の

ボタンがありますよね

 

その合図が「無音」だったら そのまま通過

するのがバス…だと思っていたら

 

昨日は 降りようとした女子学生さんが

静かにその時を待ち 無音の中で

(駅名アナウンスはあったものの)

静かにバスが停車し 完全に止まったら

静かに立ち上がり 無言で降りて行きました

 

えっ??? 学生さんと運転手さん…

テレパシーで会話した???

今 なんで降りるのが分かったの?なんで?

 

って… おーい!大丈夫か?私っ!

 

落ち着いて考えよう

JRです!列車の代行です!各駅止まるから…

全部ぜーんぶ!

イメージは「線路」「駅」「列車」ですから

 

落ち着いて考えると というか考えなくても

分かりそうなものなのですが

時々 こんな類のテンパリぐるぐるが

あるんですよねー 私

 

ぼちぼち きてるんじゃないかなぁって

本気で思います

 

ですが 乗っている乗り物は

「バス」なんですよね

運転手さんも「路線バス」の運転手さんです

 

複数企業のタッグに感動

当然 JRのバスも走っていますが

JR以外の路線バスの 各バス会社も「JR」の

やり方に則って運行しているわけですよ

推測では…いや ほぼ 間違いないでしょう

 

ということは 普段の運行スタイルと違う…

例えば

・ルートも微妙に違うし

・止まるバス停で「駅名」のアナウンス

・乗るか乗らないか降りるか降りないか全く

 意思表示のないポーカーフェイスばりの

 利用客の空気を読みながら 扉の開閉も

 するわけですよ

 

しかも あのでっかい箱を

 腰の曲がったおばあちゃんから

 赤ちゃん連れの新米ママまで

 

ま この辺は いつも通りだと思いますが

プラスαがつくんですよね

 

時には「あ よーっこら…しょいとー…」と

思わず「今から立つんかーい!」と

ツッコミを入れたくなるような よぼよぼの

じいちゃんも居るわけで

 

 

 

乗っている全員を 安全に 怪我無く

ほぼ時間通りに いつもの路線バスのパターン

を変えて 運んでくださるわけでしょ 

 

帰りのバスに乗り込むときに

JRじゃない所のバス会社だったから 

これってスゴい!

複数企業のタッグじゃん! って…

 

そして感謝

あれ? 感動するの 私だけでしょうか

これは 極々 普通の事なのでしょうか

 

バスを降りて リュック背負って

自宅まで10分ほど歩くのですが

 

背筋を伸ばして直線上を大股歩き を

意識しながら あんなこんなに感動し

 

気がついたら さっきまで乗っていた

バスが横を通り過ぎるところで

無意識に 運転手さんに お辞儀

しちゃってて…

 

我に返り ちと 恥ずかしかったです

 

最後に・・・

バス利用の経験は大学の頃の内の一年間だけ

2年目からは大学へも車で通学だったので

もう30年ぐらい 車に依存した生活でした

 

今回 新たな発見や納得 見えないところの

関係各社さんのタッグが見えた

そんな 感動だらけの「ひとり旅」

 

「無料」お得感を 違う感動プラスαで

満喫できた一日でした

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190912103204j:plain

ボールペンの件は 別記事でご紹介します♪

 

では また明日ですm(_ _)m