シュフウグーの 主婦エッセイ

等身大の 心の旅 ~自己観察 家族観察 いのちの観察~

雑記ブログを卒業するにあたり…

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20190907095652j:plain


 

自分の心の内を整理しておく必要がある そしてそのタイミングが「よし!やろう」と思った 今なのかなと…

諸先輩方 shuhuugooは2ヶ月を目前にようやく…です^^;

 

と ここで… まあびっくりしたことがありまして…

昨日の話で申し訳ないのですが

 

この記事を3行進めた時点の出来事です

「どうしよう…そもそもの目的はエッセイ練習だし でもな…心が乱れているとエッセイに向き合えないしなぁ…それ柱にすると職場がちらついて療養に専念できない…ボスには申し訳ないけど 離れてみるかぁ…いや…ブレてはならぬ…ん~…」

と 心身ともにモヤモヤしてきて 一旦PCから距離を置き 取り敢えず夫のお昼ご飯の支度を始めたんです…

 

「最後の晩餐は海苔で巻いた三角塩むすびがいい」と日頃から夫が言っていて いつが「その時」になるか分からないから 昼食のメインメニューが麺類の時は大体セットで海苔巻き三角塩むすびを用意するんです

今日もまず 海苔巻き三角塩むすびを2つお皿に並べてラップをし

外はまだ夏のように暑いので メインは今季最後のつもりで そうめんに…

 

何を間違えたか 夫が帰ってくる前にそうめんを湯がき始めてしまいまして^^;

「しまった。。; まだ帰ってきてなかった…のびるぞ…」とブツブツ独り言…

今日はまた えらく帰りが遅かったので

「帰ってこんなぁ…」

と 台所の掃き出し窓からふと外を見ると…

 

お向かいさんの家の真ん前に この住宅のエリアには明らかに不釣り合いな「白のベンツ」が1台… ん?

 んーーー!?

見慣れたナンバーが同時に目に飛び込んで

@←△→@ げっ!

 

職場のボス当人が お見舞いに!!!

どう表現すれば良いのか 本当に目が飛び出そうになって@∑@;

 

いやいや このタイミング!?

色んな意味で このタイミングー!?

ねえ ボーーースっ!(忌野清志郎か)

心の中で叫びましたよ

 

初めて来るかたは9割がたそうなのですが 住宅地内は全く同じ家がたくさん並んでいて全部の家が同じ1つの番地

ナビ頼りにエリア内には入れても ピンポイントで一軒の家に辿り着くのは難しいのです

ボスも例外なく 取り敢えずお隣さん辺りまで辿り着いた様子で(惜しい!ボス)

 

私は私で 今日は外出予定もなくTーシャツに半ズボン 顔を洗っただけの超すっぴんで髪の毛にいたっては いつも庭に砂浴びしに来るすずめさんが 間違えてとまりそうな巣のような乱れ具合…

 

ただ 1時間以上掛けて約50㎞をおそらく履歴書の現住所でナビ便りに来られたのだと思うと 格好なんて気にしていられず 即ボスに電話

 

「もしかして 今 自宅近くにいらしてます?」

「そうなの… どうして分かったの?」

「家から高級車がバンっ!て見えてます すぐに出ますので」

と 家の外に出て ぐちゃぐちゃの身なりをお詫びしてから お越しいただいた事へのお礼

 

ボスからは

「病院なら遠慮無く行けたんだけど ご自宅だしご主人がいらっしゃると思ってね

そっとお手紙置いて帰ろうかどうしようかって… かといって これからお見舞いに行きますなんて連絡するのも変でしょ」

「みんな 心配してるの 時間がかかっても良いから 会社が潰れない限りはずーっと待っているから あなたが辞めたら私も辞めるわよ ハハハ!」

なんて言われてしまいまして…

 

これは 思い違いでもそうでなくても 社交辞令でも本気でも ラブコールだわー…

本当に有り難いことだし

本当に不思議なボスの勘

(何をするにも タイミングがすごい だから経営者でいられるのでしょうけど)

 

エッセイの練習をしているのはご存じだけど ブログをやっていることは一言も伝えてない… 見られている?

なんなんだこれ…

 

ボス目線で言う「虫の知らせ」?

 

驚きのダブルパンチで ゆで上がって水で締めていたそうめんも すっかり冷や麦ぐらい腫れていました

いや ふやけて伸びたんです

(-.-) ゴメンナサイ

 

ここまで 出来事をダラダラならべてしまいましたが 要は…

 

雑記ブログを卒業した後の「柱」を本職と切り離しちゃダメ

ブレるな shuhuugoo!!

って事なのだと思います

 

あー またここでも守られている 私(T_T)

 

本当は 4行目からの本文がここからつながる予定だったのですが あまりにも個人的過ぎる内容の前置きが長文であるゆえ 本題は次回へ続けさせていただきます

 

お時間を使っていただき ありがとうございます。