シュフウグーの 主婦エッセイ

等身大の 心の旅 ~自己観察 家族観察 いのちの観察~

自立と「You&Me」

 

人に「伝える」仕事をしていたら

 

そこで得るものがたくさんあって

 

 

 

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191021074143j:plain

 

 

 

昨日は障害がある人の「自立」の話

 

 

 

 

障害がある人が話したんじゃなくて

 

 

 

 

その人達が… なかまが…

 

「いきる」場所を起こした

 

地元の施設の理事長の話

 

 

 

自立を促すお話だけど

 

 

「自立」って…

 

自分で何でもできることでは

 

ないんだって

 

 

「自立」って…

 

できることは自分でやって

 

できないことは

 

人に「助けてください」と

 

ちゃんと頼めることなんだって

 

 

 

ひとりだと…

 

まわりが知らない人だと

 

これって とってもむずかしい

 

 

 

相手が家族でも むずかしい

 

もしかしたら…

 

相手が家族だから

 

なおさら むずかしいかも

 

 

 

自分で何でもしようとしがち

 

 

 

誰でもがお互いに向き合える

 

ちゃんと自分の意見を交わし合える

 

そんな国になるために

 

声を上げなきゃいけないんだって

 

 

 

今 機能している 目 耳 口…

 

からだのどこかが利かなくなって

 

初めて 気づくんだって

 

 

 

生まれつき 見えない人

 

生まれつき 聞こえない人

 

生まれつき 言葉を発せない人

 

生まれつき 歩けない人

 

 

 

みんな ずーっと気づいていて

 

みんな ずーっと思っていて

 

不自由さが伝わらなくて

 

 

 

それは 立場が対等じゃないから

 

そんな国になってしまっているから

 

 

当事者でないと気づかないことを

 

こえをあげることで

 

住みやすくなって

 

社会全体をよくしていくことに

 

つながるって…

 

 

 

きれいごとに聞こえるけれど

 

実行しようと思ったら

 

とてもとてもむずかしくて

 

とてもとても時間が掛かる

 

 

 

不自由なく暮らしている

 

いわゆる「健常者」の私たちの

 

障害ある人達に対する接し方が

 

「~してあげる」の上から目線だから

 

 

 

それはね 勘違いだよ

 

 

 

世界はとっくにそんなの対等で

 

日本はとっても時代遅れ

 

現場だけが必死で頑張っている

 

 

 

 

どんな人でも対等じゃないと

 

 

 

「自分はこうしてほしい」

 

「自分はこう思う」と

 

ひとりの人が伝えることで

 

少しずつでも何かが動く

 

 

 

この講師はね

 

現場で「なかま」と友達で

 

なかまから時々お手紙が届く

 

いつも接している「なかま」から

 

 

 

その手紙を開けると

 

「心の叫び」が飛び出してくる

 

 

あるときに

 

「あの人達をなんとか人並みに…」って

 

つい ことばに出してしまったんだって

 

それを 聞いていたなかまからの

 

大切な叫び

 

 

「人並みってなんや」

「わしは、わしなみでえかろうがい?!」

(ぼくは、ぼくなみでいいじゃないか?!)

  広島の方言です

 

大切な学び

 

 

なかまと過ごすとね

 

教えてもらうことがいっぱいあるって

 

 

 

わたしもその場で働いたから

 

より話が見えて心に刺さって

 

 

話を聴きながら

 

今 載せ始めた「文字」を

 

思い出していた…

 

 

意味 取り違えていないかな

 

軽々しく 使っていないかな

 

 

 

もっと丁寧に生きよう

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191021074209j:plain



 

 

**********

 

注文していた筆ペンが届きました。

昨日の講演聴講の余韻を残したまま…

いつものごとく、直感の今朝の試し書きです。まだ、筆の色をそのままのせることしかできていませんが、例の「みず筆」で、ぼかしたり、垂らしたり、散らしたり…

色と色を掛け合わせたりもあるのでしょうけど、まだまだ…

今は、文字そのものを楽しみたいレベル。

枠からはみ出すのはもっと先の話でしょう。

 

文字は純粋なままでいたいです。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

次回のお越しもお待ちしています。

 

シュフウグー

 

**********