~綴る 伝える 語る筆~「るふで」ブログ

等身大の心の旅 そして 書

抗うことができないもの

 

こんにちは、るふでです。

(自分でニックネームを変えておきながら、まだ慣れず…)

 

自分の意思で変えられるというのは、実に「生きている」という感じがしてワクワクします。

 

一方、自分の意思ではどうにもならないこととの遭遇もまた「生かされている」事実に気付かされる瞬間で、まっ先に思いつくのは天災でしょうか。

 

中でも私はダントツで地震が苦手です。

住んでいる所は豪雨災害を受けたエリアですが、やっぱり地震が嫌いです。

あれはもう、動けない!震度1レベルで必ず察知するし、2レベルで揺れようものならもう、どこかで見た珍しい昆虫か何かのように固まってしまいます。

関東エリアを知る親族は、皆そんな私を見て鼻で笑います。間違いなく関東には住めないねと。しょっちゅう揺れてるよと…。

 

そうでしょうね( ̄▽ ̄;)

 

スマートフォンのホーム画面に追加している「リアルタイム震度(強震モニタ)」では、常に1レベルの黄色とか、低くても緑色になっていますから。

 

 

「リアルタイム震度(強震モニタ)」をご存じでしょうか。

 

 

ヤフーの「天気・災害」の中にありますので、ご存じない方は見てみてください。

念のため、ご紹介します。ちなみに、紹介が目的の記事ではなかったので、分かりづらかったらごめんなさい。

では、どうぞ…

 

 

① 画面の左側にある「天気・災害」をクリックします。

f:id:yappa71shufuugoo:20200310133241p:plain

 

② 画面右側「防災情報」の「地震」をクリックします。

  f:id:yappa71shufuugoo:20200310133619j:plain

 

③ 「地震情報」の画面にかわります。

  右側に「リアルタイム震度(強震モニタ)」がありますので、クリックします。下の赤枠内の範囲であればどこをクリックしてもOKです。

  f:id:yappa71shufuugoo:20200310135017j:plain 

 

④ 「リアルタイム震度(強震モニタ)」の画面にかわります。

 f:id:yappa71shufuugoo:20200310134039j:plain

複数枚のプレートと複数本の海溝それぞれが、複雑な動きでひしめき合っているのがよく見て取れます…分かるような気がする、程度です(^_^;)

壮大な絵面は好きですが、その事実が恐怖にしか思えない…のは私だけでしょうか。

海溝はそれとして…

 

⑤ 上の画像をアップしてみます。↓

 f:id:yappa71shufuugoo:20200310134425j:plain

日本地図の中央辺りは、やはり常に緑色ないし黄色。

橙色に変わる頻度も高いような…(/_;)

広範囲にある水色の小さなポチポチも、密集しています。広島は少ないことが多いです。これは、説明の中にもあるのですが、生活振動も大きく影響しているようです。広島はのどかです(^^)

地震の多少、生活振動、あとノイズや機器障害による色の変化も考慮しなければならず、また、一観測地点のみの色の変化は地震以外の理由による可能性がある、との説明から見ると、やはり地震の際も、今回のウィルス感染の件もそうですが、あらゆる角度で、見極めや冷静な対処をすべきということでしょう。

 

 

⑥ 画面を下にスクロールすると、説明もあります。

 f:id:yappa71shufuugoo:20200310134704j:plain

 f:id:yappa71shufuugoo:20200310133937j:plain

 

⑦ 一番下までスクロールすると

「地震の時にとるべき行動は?」と「地震の次は津波を考える」という、備えや知識の情報に切り替わるバナー(赤枠内)もありますので、クリックして一度チェックしておくことも大切ですね。↓

 f:id:yappa71shufuugoo:20200310135917j:plain

 

 

☆おまけ

記事冒頭で地震が苦手だと言ったその「程度」がどのくらいのものなのか、ご興味はないでしょうが、もうしばらくおつきあいください。

 

下の画像は、先日(R2.3.9 am4:28)発生した豊後水道の地震情報です。

ピンクの枠の辺りが広島県ですが…

f:id:yappa71shufuugoo:20200310150859j:plain

ご覧のとおり、南部の海側は震度2の所が多いのですが、私の住むところは中山間地。震度1です。

 

この日は、朝方3時頃の就寝でしたが、写経や御詠歌(これについてはまたの機会に)にハマっていることもあり、布団の中でうとうとしていると1時間もたたないうちにお坊様に囲まれている夢を見てハッと目が覚めたり、その後またうとうとしたり、要は熟睡できていなかったのですが、そんなこともあり、このときの地震の、最初の揺れが来る寸前になぜかバッと目が開きました。ぞわぞわした気持ちで、何だろうと思っているとガタガタ揺れ始めたので、なるほどそういうことかと理解できたのですが、それでも震源地周辺は震度3ですが、遠く離れた我が家は震度1レベルですからね。

反応しすぎでしょ。しかも、怖すぎて身体がカチカチの状態で、そのまま布団の中で起床時間を迎えたという…。

 

生きることを諦めてはいけませんが、コロナの話題でそっちのけになっている(?)南海トラフ地震が起きたりしたら、私の場合、動けなくて逃げ遅れる姿が容易に想像できます。

 

ウィルスは人との共存ですが、天災は人が抗うことのできない、星の呼吸…。

 

これだけ違うのに、ひとたび動きが始まると、どちらの場合もたちまち人の生活が乱れを起こします。

 

生活をする、生きることって… 何なんでしょうね。

分からない。分からないから面白いし、一生懸命に何かを求めて生きようとするのかも知れません。その形を言葉にするなら「希望」でしょうか。「目標」でしょうか。もっと分かりやすく生々しく表現するなら「欲」でしょうか。

欲って、言葉は少し横暴なイメージもあるように思えますが、生きる源として切り離せない、大切なものです。欲があるから頑張れるんですから。

ただし、その欲求を間違った方向に向けると、罪を犯す結果になってしまったり争いが起こったり、悲しい結末を見ることになりかねません。

 

よく周りを見て、冷静にそして謙虚に、心も健康に過ごすことが地球の中での健全な生き方、生かされながら生きることなのかなと…。

 

そんなことを思いながら、今日もまたリアルタイム震度のご機嫌?をうかがっております(^_^;)

 

 

怯えた状態で締めたくないので、今回もお花の画像を載せます。

f:id:yappa71shufuugoo:20200310091319j:plain

前回載せた、お見舞いの花束の枯れかけた先っちょの更に先っちょの部分です。可哀想でなかなか処分できません(^^)

 

**********

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

次回のお越しもお待ちしています。

 

るふで 

 

**********