シュフウグーの 主婦エッセイ

等身大の 心の旅 ~自己観察 家族観察 いのちの観察~

「松の内」明けに合わせ展示入れ替えしました

皆さん、こんにちは。今や筆文字屋「語る筆」となりつつある、シュフウグーです。

 

お正月にお迎えした歳神様も、一般的に大きく分けて関東寄りで1月7日、関西寄りで1月15日までの滞在期間を経て帰って行かれると言われますよね。

地域によって10日の所もあれば、九州地方では1月7日だったり…。

いずれにせよ、仕事始めがあり、七草粥を食べ、松飾りを外し、「とんど」(あるいは、どんど焼きなど)の行事を終え…お正月気分から、徐々に新たな普段の生活へ心も体も更新してリズムを整えていくわけですね。

 

私が住んでいる広島(その中でも中山間エリアですが)は、1月15日までで松の内は明けます。

と言うことで、今月展示している作品の中で「迎春」も今朝、入れ替えを済ませてきました。

 

昨日までは…

f:id:yappa71shufuugoo:20200105215146j:plain

 

こんな感じの正面でしたが…

 

今朝、大筆の作品だけ取り外しました。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20200114143945j:plain

 

そして、あらかじめ筆ペンで書き出した案を見ながら

(こちら↓…前回記事でも触れていますが)

 

f:id:yappa71shufuugoo:20200109001608j:plain

 

予定通り、土曜日に書き上げて乾かしていた模造紙を丸め、搬入後、息を整えつつ並べて貼ってみました。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20200114144532j:plain

 

「東風(こち)」

 

ご覧いただくすべての皆さんが「はいはい、東風吹かば…のこちね、菅原道真の」って訳にはいかないと思うし、だからといって、ガッツリ取って付けたように説明文を並べるのも味気ないなぁ、と思い…

 

ふわっと意味が伝わる言葉を下に貼ってみたのが「春告げる風」です。

 

東風という言葉そのものが、読み方もたくさんあり、あるいは意味も解釈も一つや二つではないので、寄りにも寄って私はこの言葉を選び、当の本人が展示の仕方で悩むという…

 

f:id:yappa71shufuugoo:20200114145851j:plain

紅白の布も、長机も外して真っ直ぐぶら下げてもいいのですが、(というか、普通そうする…)敢えて、遠目に見て「あれ、何が書いてあるの?」と近寄ってみたくなる?…??…とか、ちょっと不親切な遊び心が湧きまして、汗。

 

で、間に見えている何やらこまごましたうんちくらしき言葉もお見せしましょう、笑。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20200114150527j:plain

 

「筆を洗う」

 

これは、筆ペン作品ではなく、まさに今回張り替えした大きな作品をつくる際の作業面での心情を綴ったもの、大筆を洗うときの気持ちです。

一応「シュフウグーの主婦エッセイ」ですから、文章らしきものを。

 

読んでいただくと分かるのですが、筆ペンではなく墨と筆を使って書き上げると、その後の片付け作業のほうが数十倍時間が掛かるわけでして…

 

特に、特大筆(穂長…毛の部分の長さ11.5㎝、穂直径…毛束の太さ3.5㎝)で墨液をたっぷり含むので、洗っても洗っても、吊して干すといつのまにか根元に隠れている墨が穂先に下りてきて真っ黒いしずくが落ちている。

しずくが落ちて下が汚れるのは後で何とかなりますが、問題は、筆を完全に洗えてないと、墨が筆の根元で固まって、つぎに作品を書くときに、穂先がパカッと二つに割れてしまうんです。

こうなると、もう厄介でいわゆる「筆をこわした」ということになってしまう!

筆を持つものとしては、致命傷です。

実は、土曜日に使って、終わってすぐに洗い始めたのですが、いまだに洗っては干し洗っては干し…を繰り返しています。

流水ではなく溜め洗いですが、それでも水道代…ヤバいかも、笑。

 

ちなみに、今干しているその現物をお見せしますね。

 

(わざわざ新聞紙広げて置いてみるのか…)

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20200114152611j:plain

 

途中なのでまだ全然綺麗になっていません。

下に敷いてあるのは、半紙と、その下に新聞のテレビ欄が見えています。

筆ペンと並べて撮れば、その大きさも分かりやすかったのですが、デカいし重いです。

 

リハビリの域、超えとるやろっ!て話です。

 

特大筆にしては、かなりリーズナブルなお買い物。

アマゾンさんでお世話になりました。

しかも、柄の部分を回して取り外せるタイプで、約半分の長さになります。

こんなの初めて見ました!

かといって、ぐらつくこともなく、なかなかの優れものです。

後は持ち主の管理次第です。(/_;)

 

 

改めて、張り替え後の正面を覗いてみましょう。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20200114144458j:plain

 

フォント的には月前半の作品と変わり映えはしませんが、張り替えの途中でもお客様から「楽しめるねぇ」とお声がけをいただいたので、それだけでいいです。

 

そして、張り替えをしてみて気づいたことがあります。

現状を「変える」勇気。

特に、最初の展示をご覧いただいたかたに楽しめていただけているようでしたので、次はどの位置にどれを貼ろうか…と考えていると、だんだん変な欲が湧いて、張り替える前より評価が低かったらイヤだな…とか考えてしまっていました。

途中でそれに気づいて、「いやいや、のびのびやりゃ良いじゃん!」と思い直し、今に至る、です。

 

特に今年は、庚子(かのえね)…更新、前進の年ですから。

 

変わることを恐れていては始まりませんね。

 

変わり続けるのが私のはずなのに、順調な部分を変えていくのって、意外に難しいです。

 

成長を信じて、進みます!!

 

 

**********

 

毎度毎度の羅列報告記事を、最後まで読み進めていただきありがとうございます。

 

相変わらず不定期更新ですが、次回のお越しもお待ちしています。

 

シュフウグー

 

**********