~綴る 伝える 語る筆~「るふで」ブログ

等身大の心の旅 そして 書

年明けの展示会に向けて~作品紹介~

随分久しぶりの投稿になりました。

前回の投稿が23日前…。

ここまでくると「あなた、誰だっけ…?」ですね。

読者登録をいただいている皆さま、シュフウグーは筆文字作品の展示会準備を黙々と続けております。続けていたらそのまま年が明けそうで、存在すら埋もれたまま消えるのは寂しいので、展示物と同時に販売する作品をちょこっとだけご紹介します(^_^;)

もはや「エッセイ」ではなくなっていますが、画像、一挙…ではなく、一部公開!

 

年末の大切なお時間ですが、ご覧いただけると幸いです。

 

それではどうぞ!

 

 

まずはミニサイズの色紙です。

大体、CDケースぐらいの大きさです。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229071944j:plain

「温」

実はこちらのみ、すでに地元の道の駅で販売中。

ブログ記事更新しないまま、次々作品ができて今日に至る…。

手のひらサイズです(^^)

 

と、ここで他のミニサイズ作品を撮り忘れていることに気がついたので、そのまま無視して、中サイズ色紙の作品紹介しちゃいます。

 

ちなみに、作品の下敷きになっている裏返しのものが「通常の色紙サイズ…大サイズ」だと思っていただくと、イメージしやすいはずです。↓

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229072003j:plain

「暖」

画像では分かりづらいですが、上のミニサイズより当然大きいですよ。

 

色紙の大きさは、大・中・小と3種類です。

 

 

はい、次。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081309j:plain

「歩」

実は、これ始めた頃は(と言っても、ついこないだですけど…)この、太く塗りつぶす作業に抵抗があって…。

 

筆の穂先が、グジャーっと多方向に潰れて広がった姿が痛々しくて、基本の字体と、お習字で教わった筆運びからはみ出すことができませんでした。

 

よく、「文字なぞると線が死んでしまう」と、お習字の先生がおっしゃっていたのが頭にこびりついているんですよね。

 

でも、その先生の個展に行くと、「思いっきり絵じゃん!」って顎が外れそうなぐらいびっくりしましたけど。前衛書道ですから、芸術的観点が大きくて。

 

要は、基本を持っておきながら、自分色を出していけばいいのだろう…と、今は解釈しております。

 

なので、これもありかな。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081337j:plain

「笑」

 

いやみ無く笑う表情を作るのって、意外に難しいです。

こけしや人形に顔を入れる職人さんの凄さが、ちょっとだけ分かるような気がします。

 

 

作業を見ていた息子が

「寒いから、あったかい色がいいよ」

と、ボソッとつぶやいていて、意識はするのですがだんだん行き詰まってきます。

柄や配置を変えながら、チャレンジ。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081541j:plain

「萌」

 

つぶらな瞳っぽく…(^^)

結構上位で気に入っています。

 

 

逆に次の作品は、改善の余地有り。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081645j:plain

「華」

 

なんでも塗りつぶして済ませようとし始めたのです。

ダメダメです。

 

見ようによっては、味がある、と受け止めていただけるのでしょうか。

なので、これも販売します(^_^;)

 

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081700j:plain

「香」

 

上の「華」とは、下地の色を微妙に変えているのですが、画像では同じに見えますね。

 

ここまでが、中サイズの色紙です。

 

次は、よく見かける通常サイズの色紙です。

私の中では「大サイズ」です。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081718j:plain

「だるま」

 

だるまさんをイメージして、「だ」を顔の輪郭と目にしています。

 

ん~、やっぱり絵だわ。

 

 

はい、次です。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081828j:plain

「梅の香」

 

うっすらと、梅色入れています。

「梅」も枝っぽく、つぼみっぽく…(^^)

 

ちょい無理がありますな。

 

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081901j:plain

「はる うらら」

 

作品を作る時、私はまず、適当に思いつきの色を思いつきの柄と配置でのせて、乾かしながら眺めています。

 

この、眺めているときに浮かんだイメージを文字にして字体を遊んでいます。

 

なので「なぜ今この言葉?」な作品が多々有りです。

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081915j:plain

「ふわり」

 

暖かそうな色の単色バージョンも、この作あたりでネタが尽きていました。

 

じゃ、次は模様を変えるかっ、てことで…

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229081949j:plain

「弾むこころ」

 

本当は、弾むと言うより結構いっぱいいっぱいで弾けそうな、そっちだったような…。

 

でも、出来上がると楽しいのです。

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082038j:plain

「ゆめ膨らむ」

 

あら、月餅(中国のお饅頭)のデザインみたい。食べたかったのかも(^_^;)

 

これは、改善の余地有りです。

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082108j:plain

「進」

 

一文字ごとに、その成り立ちをネット検索して、へー…そうなんだ。と確認してから自分の文字に寄せていってます。

 

象形文字など、古代の人達のコミュニケーションに様々な感情を抱きながら。

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082154j:plain

「真っすぐ」

 

なのに、文字が真っすぐじゃない!

これ、一文字でやめておけばよいものを、わざわざつけ足して、結果入らなくなって、行き当たりばったりを形にしたような作品です。

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082237j:plain

「はる遙る」

 

はるばるとか、遙遙とか、せめて遙ばるでしょ…と思われた方、ゴメンナサイ。

敢えてこの並びにしてみたかったんです。

 

海洋を旅する船のイメージで。

 

 

そして、次の作品は読み間違えないでくださいね。

 

「芋じゃ」…ではないですよ。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082301j:plain

「華やぐ」

 

の、失敗作です。

 

何を隠そう、私自身がこれを見るたびに「芋じゃ」と読んでしまうので、販売しません。

 

背景も雅な感じにしたかったのに、偶然にも芋っぽい色だし…。

 

視界に入るたびに、おかしくてニヤけてしまいます。

 

 

はい、気を取り直して…

 

 

次は飛び入り参加の「模造紙」二枚つなぎです。

 

色紙との大きさの違いも示すべく、一緒に撮影しています。

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082424j:plain

「迎」

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082434j:plain

「春」

 

二枚を並べて、展示スペースの向こう正面に配置します。

 

縦並びか横並びか、斜めなのか、現地で決めます。

 

「迎春」

 

年の始まりの月の展示会ですから、これは外せないかな。

自分の事ばかり考えていて、忘れるところでした。

これ、大事。

 

で、気になる「青い球体」ですが…

 

 

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082337j:plain

「生命循環」

 

色つけの腕が上がったら、そのうち惑星やその並び、銀河系とか、宇宙の神秘を浴びることができるような背景もチャレンジしたいのです。

 

が、今はこれが精一杯。

 

ちなみに色紙の「大サイズ」です。 

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082502j:plain

「陽だまり」

 

実物は、もっと黄色寄りです。これだと黄緑っぽく見えますね(^_^;)

 

背景の模様は、まだ球体とか弧、もしくは直線とか大きい波線とか、そういった単純なものしかできません。

 

練習します!!

 

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082523j:plain

「深呼吸」

 

結構、自分自身に言い聞かせながら、心と会話しながら作品を仕上げていることが多いので、このときは息苦しかったんでしょうか(^_^;)

 

アートって、そういう類の経緯はありがちですよね…。

 

で、一瞬ですが、少し文字数を増やしたくなりまして…

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082603j:plain

最初思い浮かんだ「笑顔とぬくもりが力をくれる」といったような言葉に少し変化球を入れて、自分以外の人にも話しかけてみるか…と、上の作品です。

 

 

ここで、だんだん脇道に逸れている気がして、また言葉を探したんです。

 

そうしたら…

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082627j:plain

「不動心」

 

と、言葉選びは良かったのですが、文字の感じが全然「不動」ではない。

 

思わず、しゃーっと斬っちゃいました。

 

情緒不安定、ヤバいですな。

 

 

こころ、軌道修正!

 

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082653j:plain

「ここにあふれる想いがある」

 

森林セラピーのイメージもありました。

 

 

 

 

次は「令和」新時代にちなみ

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082720j:plain

「梅・菫・桜」

 

うめ、すみれ、さくら…「令和慶祝カラー」を表現したかったのですが、菫の紫色が上手くのせられず、どれもピンクになってしまいました。

 

雅の表現もまだ苦手みたいです。

 

 

 

次が本記事でのご紹介、最後の作です。

 

f:id:yappa71shufuugoo:20191229082732j:plain

「時々ぼーっと眺めてみる 心がスーッと晴れてくる」

 

この画像だけ、薄暗くてごめんなさい。

 

最初浮かんだひと言は「静寂」。

 

でも、この色紙を眺めているとだんだん言葉が変わっていきまして、筆ペンを持つ頃には頭の中が、独り言に変換されていました。

 

本当に、思いつき感半端なくて、自分で呆れてしまいます(^_^;)

 

行動が動物的で、お恥ずかしいです…。

 

 

 

以上、今回ご紹介の作品は26作品。

プラス、失敗作の「芋じゃ」…もとい、「華やぐ」。

 

ちなみに、展示物はこれらとは別に、たくさんストックしております。

 

ただただ、自らの心理状態を作品を通して語ったような、今回の記事でございました。

 

 

 

**********

 

年末の貴重なお時間を頂戴し、ありがとうございました。

 

そして、また来年も、超不定期更新でスタートいたします。

 

展示会後は、どのような生活パターンになるのか全く予想ができませんが、作品は作り続けてまいります!

 

時々はてなブログを通してご紹介の機会をいただきます。

 

また、思いついたようにエッセイっぽい記事も載せるかも分かりません。

 

変化し続けます。

 

 

 

「変化」と言えば、来年の干支は「庚子(かのえ・ね)」

 

どうやら、亥年の爆発的エネルギー(笑)を受け継ぎつつ、変化し、更新し、前進する…といった新たなスタートの年だそうです。(ウィキペディアによる)

 

 

今年は本当に様々な出来事がありましたから…個人的にも、地球規模的にも(大げさかな)。

 

 

迎える新たな年が、上記の言われのような輝かしい一年になるといいですね。

 

それでは皆さま、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

シュフウグー

 

**********